×
自己破産の相談窓口 24時間受付 0120-080-119

自己破産・個人再生・任意売却が得意な全国の弁護士・司法書士が解決へと導きます!

  • 電話相談
  • メール相談

自己破産とは裁判所を通じて借金が免除される手続き

経営している会社の採算悪化や勤めている会社の悪化による退職、病気、小額でのカードローンが積み重なってしまったなど、借金問題で立ち行かなくなった時に、生活を再建する手段として最終手段として残されているのが「自己破産」です。

自己破産には何かと悪いイメージが先行しており、正しい認識を持たずに「夜逃げ」をしたりするケースがありますが、これでは解決になりません。正しい認識をすれば、自己破産も選択肢の一つです。

自己破産のメリット・デメリット

破産で得るものは大きい

  • 破産をして免責をえれば、普通の借金も、保証人としての義務も、かつての滞納家賃も、全部支払いをのがれられます。(税金や国民健康保険料等は除く)
  • 法人の破産の場合は、法人が消えますので、税金も社会保険の未払いもすべて消えます。
  • 高価な財産を手放すといっても、普通の家具や家電、年数が経過した自動車、一部の生命保険(掛け捨てや、解約しても返戻金が少ないもの)は、普通に破産後も保有できます。

自己破産のメリットは

  • ①カード会社などからの催促や取立てから解放されます。これが何よりのメリットではないでしょうか。毎月、毎日のように借金返済を考えていた状態から自己破産手続きをすることで、督促がなくなり、精神面で解放されます。
  • ②上記に記載のあるように、借金の帳消しができ、生活を変えることができます。自己破産を弁護士や司法書士に依頼し、地方裁判所に申し立てを行うことで借金を帳消しになります。
  • ③今まで借金返済のために使っていた現金を、生活費に充てることができます。これまでは収入の中から借金返済に多くの金額を充てています。自己破産を行い、借金が免責になることで、収入のすべてを生活費や貯金に充てることも可能になります。
  • ④賃貸アパート、マンションに住んでいる場合、自己破産しても追い出されることはありません。もし、今、賃貸アパートやマンション(借家)に住んでいる場合、自己破産をしても、そのまま住むことが可能です。
  • ⑤さらに、何よりも、精神的に、ホッとします。

自己破産のデメリットは意外と少ない

このように、破産で、得るものは大変大きいといえます。
反対に失うもの・不利益は、非常に小さいものです。

具体的には

  • 官報に載る(一般の人が見るものではありません)
  • カードでお金を借りたり、買い物できない(いわゆるブラックリストには載るため)
  • 一定の仕事(警備員、保険の外交など)には、「破産終了までは」就くことができない(約1年以内)
  • マイホームは手放すことになる

多くの方があまりデメリットを感じていません。もともと思っていた自己破産のイメージと異なり、あまり今までの生活と変わらないという依頼者が多いです。クレジットカードを使うことができなくなりますが、それは借入をしなくなる予防と捉えればいいかもしれません。

自己破産の間違った認識

世間にある誤解として、

  • 破産をすると戸籍にのる
  • 会社や学校など周りの人に知られてしまう
  • 選挙権がない
  • キャッシュカードをもてない
  • 家を借りられない

などがありますが、一切そういうことはありません。破産しても戸籍には載りませんし、選挙権もあります。キャッシュカードも持てますし、普通預金口座ももちろん新規に作れます。破産後皆さん平気で引越しをして家を借りていらっしゃいますし、収入の範囲内で旅行も楽しんでおられます。

自己破産すると今後の生活に不安??こんな間違った認識で不安を感じていませんか?

自己破産すると今後の生活に不安??こんな間違った認識で不安を感じていませんか?

□職場や子供の学校にも自己破産したことが公開されてしまいませんか?
→国が発行する官報には記載されますが、一般的に職場関係や学校関係の方が見る資料ではありません。
したがって、自己破産したことを周囲の人が知ることは少ないです。
□通帳をもてなくなってしまいませんか?
→そういうことは全くありません。
□戸籍に記載されてしまいませんか?
→本籍地の市区町村が発行する身分証明書に、自己破産をしたことが記載されます。
(これは公には出てきませんし、免責決定が出れば抹消されます。)
□職業につけなくなる、資格を剥奪されてしまいませんか?
→数ヶ月間、警備業や保険外交員など一部の職業につけなくなるだけです。
□今後、ローンを組むことができなくなりませんか?
→5~7年間は新たに借金をしたり、ローンを組んだりすることが難しくなります。
またクレジットカードも作りにくくなります。

その他、「家族が代わりに借金を背負うことになる」、「会社にばれてクビにされてしまう」
「ギャンブルやエステの借金は破産できない」といったことはございません。
まずはご相談下さい。

自己破産を考えた時、まず気になる疑問にお答えします。

自己破産後の生活について

自己破産後の生活について不安を抱える方も多くいらっしゃいます。離職中であれば就職のこと、生活費のこと、病気の方であれば医療費のこと、子供がいれば教育費のことなど。新しい人生をスタートされている方のケースをもとにお伝えしていきます。

①自己破産後の就職活動
自己破産された場合、離職されている方はまず就職活動を行っていく必要があります。生活の基盤となる収入を得なければなりません。ここで、自己破産したからと言って、再就職に不利になるようなことはほとんどありません。面接時に自己破産したことを企業側が知っていることもほとんど考えられません。(官報には掲載されますが、それをじっくり見ている方もほとんどいないと考えられます。)
自己破産の破産決定から免責がおりるまでの手続期間はいくつかの仕事については制限を受けて働くことができなくなります。(弁護士、司法書士、税理士、宅建主任者、質屋、古物商、保険代理店、警備員、会社の取締役など)しかし、免責がおりると「復権」といって、上記職業に就くことも可能です。
また、就職できない期間が続く場合は生活保護の受給を検討しましょう。市役所などで受給申請ができます。
いずれにしてもまずは生活基盤となる収入を確保しましょう。
②自己破産後の医療費
病気によって離職して自己破産に至る方も少なくありません。がんやうつ病など障害認定を受けると障害年金を受給することができます。ただし、国民年金、厚生年金に加入して保険の未納がないことなどが条件になります。障害年金の受給なども検討してみましょう。
③自己破産後の教育費用について
自己破産をした場合、基本的に教育ローンを組むことができなくなります。子供を大学まで行かせようと思うと、国立大学でも1000万円程度は必要となり、自己破産による子供の将来を心配されるかと思います。
しかし、自己破産者でも、一定の要件を満たせば奨学金を利用することができますので、子供にとって奨学金を利用する負担を課してしまいますが、この制度で大学に通っていただけることは可能となります。
もちろん、「子供に奨学金の負担を負わせたくない」という気持ちはわかりますが、今や半分以上の学生が奨学金を利用している時代のため、奨学金制度を利用すること自体、当たり前となっています。
④自己破産後の携帯電話について(買い替え時の分割ローン)
現在、携帯電話の機種代が高いため、買い替えする場合は分割ローンを組むことが一般的になっています。この場合も自己破産した履歴は残るため、ローンを組むことは難しくなります。
⑤自己破産後の住居について
自己破産時に賃貸にお住まいの場合はそのまま入居しつづけることになります。自己破産したことにより退去させられるようなことはありません。(家賃を支払っていることが前提となります。)
また自己破産時に持ち家に住んでいた場合、資産として処分されることになるため引越しすることになります。その場合、賃貸へ入居することになりますが、ここで必要なのが保証人もしくは家賃保証会社の利用となります。この家賃保証会社の利用は自己破産をしていると難しくなります。
したがって、公営住宅などが利用しやすくなります。
⑥滞納していた税金、国民健康保険ついて
自己破産前に滞納していた税金や国民健康保険については自己破産しても免責されません。したがって、税金滞納や国民健康保険に関しては市役所窓口担当者に(税務)相談に行きましょう。分割納入などの方法を検討していただくことになります。国民健康保険などは命を守る重要なものですので失効されないようにご注意ください。
⑦自己破産後のクレジットカードについて
自己破産後はクレジットカードを5~7年間使用できなくなります。すると、ネットショッピングなどでの購入が不便になってしまいます。そういう時に便利なのがデビットカードです。自分の預金口座の残高から即時に引き落としされるカードでクレジットカードの代替として活用できます。
⑧自己破産後の財産について
自己破産をした際、全ての財産が処分されると思われがちですが、実際は高額な財産のみが処分対象となります。
具体的には、原則99万円を超える現金と時価20万円を超える財産は処分の対象になってしまいますが、家具や服などの生活必需品や99万円以下の現金については処分されません。
これは自己破産後も通常の生活を送れる配慮がなされているからです。ただし、20万円以下の財産であっても生活必需品でない場合、処分の対象になるケースもあります。
実務上は、保険(解約払戻金)、貴金属、自動車などが差し押さえされるケースが一番多く、日常生活に使用している身の回りの大抵のものはそのまま使用する事ができます。
⑨自己破産後に一定の財産を築いた場合も、破産前の借金は返済しなくてもよい
もちろん、人生は長いですから、自己破産後に事業を成功させたりして一定の財産を築くこともあると思います。もしくは、コツコツ働いて貯めた貯金の心配をされるかもしれません。そうした自己破産後の財産に関しては、一切取立てなどは来ませんし、また免責前の借金返済を考える必要はありません。
⑩誰にも知られずに自己破産をすることができる
特に財産などがなく、同時廃止の手続きが認められる場合は、破産申立人が裁判所にいく回数は原則として破産手続開始決定のための審尋の時と、免責許可の審尋の時の2回で、それ以外には破産申立人がしなければならないことはありません。
また、自己破産をすると、政府の発行する官報に名前と住所が記載されますが、これを一般の方が見ることはまずありません。ですから、家族や勤務先の方に知られることもなく、誰にも知られずに自己破産をすることが出来る。

返済に追われない新しい生活をとりもどしましょう。

  • 転職、退職、病気などの理由で住宅ローンの返済が厳しい方
  • 金融機関からの督促、裁判所からの競売通知が来た方
  • 借金のリスクをしても完済の目処がつかない方
  • 生活費でいっぱいいっぱいで月々の返済が厳しい方

破産しなくてもいい場合も数多くあります。自己破産の1分チェック!

5つの質問に答えて、あなたに合った解決方法を確認しましょう。診断スタート
弁護士 戸田照三

神奈川県横浜市エリアの破産解決・債務整理の専門家「弁護士 戸田照三」(藤田・戸田法律事務所)

私は相談者の気持ちを理解したいと思っています。
生活や家族で抱えている苦しみについても同様です。

これから多くの方々と、人生を共有していきたい。
自己破産の手続きで借金をなくすだけでなく、その方や家族のその後の人生が豊かになるよう、できる限りお手伝いしていきたいと思っています。

破産解決・債務整理のご相談は自己破産119番まで 詳細はこちら

自己破産ってどんな制度?

「破産・免責」で法的に借金の支払い責任を免除してもらいます

裁判所を通じて、財産の整理をします。裁判所の免責許可により、借金の支払いを免除。

ご破産を考えた時は弁護士、司法書士の専門家にご相談ください!【相談無料】

自己破産で借金問題を解決したお客様の声

家族に明るさが戻り、新しい生活のスタートができています!

K様は4人家族で理想的な家庭で暮らしていらっしゃいました。ところが、3年前にご主人様の首に関する病気が発症してから、休職して治療にあたり、そこで足りなくなった生活費を消費者金融から借入する日々が続きました。その毎日に病気のご主人、そして奥様もともに精神的にも不安定になり、なんとかしたいと思い、インターネットで当社のホームページを見つけてご相談いただきました。

自己破産し、生活保護の受給もでき、今は不安なく暮らせています。

H様は20年前の40代で自宅を購入しました。しかし、勤務先が倒産し、アルバイトで生計をなんとか立てていましたが、当時に離婚することになってしまいました。その後も、20年近くアルバイトなどで生計を立てて、住宅ローンを返済していました。そこへ、脳梗塞を患ってしまったことで、貯金も底をつき、住宅ローンが返済できず、消費者金融から借入する日々が続きました。そんな状況の時に、インターネットで当社のホームページを見つけてご相談いただきました。

非常に厳しい状況でしたが、破産することなく、生活を再建することができました。

M様はイベント企画会社を経営していました。しかし、不況の影響で依頼が激減し、その資金繰りのためにご両親と住んでいた自宅を担保に不動産担保ローンによる借入を行いました。そのローンの支払いが非常に厳しい、また支払いできなくなると担保にしている自宅をもっていかれてしまう。そんな状況のときに当社にご相談いただきました。

破産もせず、残債も0になり、安心して暮らすことができています。

T様は広告関係の自営業を行っていました。ある日、重病が発覚し、仕事が思うようにできなくなる。そこへ来て、クライアントが大手広告会社に移行してしまい、仕事が大幅に減少。そんな時に、インターネットで弊社をみて、ご相談頂きました。

家族に明るさが戻り、新しい生活のスタートができています!

T様は4人家族で理想的な家庭で暮らしていらっしゃいました。ところが、ご主人様が勤めていた電気工事会社が倒産し、失業してしまいました。奥様も家計を支えるべく介護施設で働いていましたが、子供が5歳、2歳と小さいために長時間働くことができず、家計が苦しい状態が続きました。住宅を購入していたために、住宅ローンの負担も大きく、市県民税の滞納もしてしまい、どうしようもないと感じて「自己破産119番」のホームページを見つけてご相談いただきました。

自己破産せずに再スタートを切ることが出来ました!

K様は電気工事の自営業を営んでいました。景気のいい時期に自宅を購入し、また収益用のアパートも購入していました。しかしながら、60代後半と高齢になるにつれ、仕事量も減り、収入も大幅に落ちてしまっていました。また、収益アパートも家賃よりも返済が多い状態でマイナスになっていました。その結果、2つの住宅ローンの支払いに窮して、自宅を滞納をはじめた時期に「自己破産119番」のホームページを見つけてご相談いただきました。

生活保護の受給もでき、今は不安なく暮らせています

H様は独身で6年前にマンションを購入されました。しかし、1年前に仕事などでのストレスで精神的な病気になってしまい、休職してしまいました。その後、退職しましたが、病気のため次の仕事に就くこともできず入院する毎日です。退職後の住宅ローンや生活費のために、カードで借入する毎日を送っていましたが、どうにもならずに「自己破産119番」のホームページからご相談いただきました。

妻も同意し、自己破産できスッキリしました。

M様は住宅ローンを奥様と共有名義で組んでいらっしゃいました。共働きだったのですが、ご主人様が会社をやめたことで家計が逼迫し、離婚されました。離婚され、ご主人様が家をでて、奥様・母親・子供3人で暮らしていました。ご主人様も転職したものの、収入が大きく下がり、住宅ローンを支払い続けていくことが困難になり、消費者金融からの借入も300万円を超え、支払困難になったことから自己破産を決意されました。自己破産をしたいと元妻に相談したものの、元妻は家を手放すことに納得できずに困って、相談に来られました。

自己破産することで、かなり生活負担が軽くなりました。

H様はご主人様がお父様の会社を継いでいましたが、経営悪化に伴い収入が60万円から30万円と半減していました。それにより、奥様はパートをかけもちし、返済に充てていましたが、払いきれず、税金を滞納(約200万円)、夫婦で消費者金融から借入300万円にもなっていました。もうこのまま返済することもできなくなり、自己破産119番のインターネットを見てご相談に来られました

自己破産によって、実家で再出発をされています。

K様は独身で分譲マンションを5年前に購入されていました。中古マンションを購入し、リフォームして、諸費用もローンで組んでいたため、月々の支払いが15万円を超えていました。当時は支払うことができていましたが、厳しい歩合の仕事から転職したために、一気に支払困難になりました。督促から逃れるために実家に戻っていらっしゃいましたが、もうどうすることもできないと自己破産119番のインターネットを見て相談に来られました。

ご破産を考えた時は弁護士、司法書士の専門家にご相談ください!【相談無料】

PAGE TOP

自己破産の相談に全国の弁護士、司法書士が解決へと導きます!

借金の返済が苦しく自己破産を検討している方へのサイトです

対応エリア

対応エリア拡大

スタッフブログ